h1自家繁殖で健康で人慣れした子猫を育て、販売しております。

初めて子猫を迎える日


待ちに待った子猫を迎える日!
いったい何をどうしてあげたら良いのでしょう?

キャリーケースから、始めの一歩
迎えた子猫ちゃんは、キャリーケース等に入れて お家へ迎える事と思います。
なれない電車や、車での移動に加え、知らない人達、知らない匂い…
子猫は不安でいっぱいです。
お家へ着いて、キャリーケースから出る最初の一歩は、子猫にとって緊張の一瞬です。
優しく声を掛けながら、静かにあけてあげましょう。
怖がらせないように、しゃがんであげて下さい。

怖がって出てこない場合は、引きずり出したりせずに、子猫が自主的に顔を出すのを待ちます。
元々好奇心が旺盛な猫ですから、大抵はそんなに待たずに出てきてくれると思います。
しかし、臆病な猫ちゃんの場合、いつまで待っても出てきてくれない場合がございます。
もしも猫ちゃんが中々出てこなかった場合は、キャリーケースから出さずに声を掛けながら
優しく撫でてあげてください。
しばらく撫でていると、恐怖心が消えて、出てきてくれます。

撫でようと手を入れただけで威嚇された場合、無理やり撫でる事はやめて下さい。
威嚇されて撫でられない場合、猫の鳴き真似をしてみせます。
「あら?貴方も猫なの?」と思っているかどうかは分かりませんが、恐怖心が消える子も居ます。
それでも駄目なら、猫じゃらし等を使って好奇心をくすぐってみてく下さいね。

家の中の探検
キャリーケースから出た子猫ちゃんは、しきりに匂いを嗅ぎながら、お家の探検を始めます。
探検中は抱き上げて撫で回したりせずに、そっと見守ってあげて下さい。
物音一つ立てずに、息を殺す必要はありませんが、大声や大きな物音、奇声などは絶対やめてあげてください。
子猫は匂いを覚えながら、家の見取り図を組み立てています。
予め、入ってはいけない部屋のドア等は閉めておいて下さい。
一通り家の中を歩き回った様子でしたら、優しく抱き上げてトイレに連れて行ってあげましょう。
※可能であれば、ブリーダーさんに匂いの付いた猫砂を分けて貰いましょう。
 自分のオシッコの匂いで、ココはトイレなんだと認識しやすく、トイレのしつけが楽になります。

しばらく手出しをせずに、自由にさせる
待ちに待った子猫ちゃんです。抱っこしたいし、撫でたいと思います。
しかし、暫くは強引に抱っこしたりするのは辞めましょう。

猫ちゃんの方から甘えて寄って来た場合は、優しく声を掛けながら撫でてあげて下さい。
抱っこを嫌がらない猫ちゃんでしたら、抱っこしてあげても大丈夫です。

猫ちゃんが遊び始めた場合は、さり気なく声を掛けながら、一緒に遊んでみます。
猫じゃらしや、ボール等で誘惑してみてください。
遊びながら、さり気なく撫でてみましょう。
大抵の猫は、大喜びで一緒に遊んでくれると思います。

ご飯を与える
お引渡しの際に、ブリーダーさん等からご飯の時間等の説明があると思います。
できるだけ同じ食事を、決められた量与えてください。
ご飯を上げる際には、名前を呼んで撫でてから与えましょう。

机の下などから出てきてくれない猫ちゃんも、声を掛けながらご飯で誘惑してみてください。
当日は緊張して食べてくれない猫ちゃんも居ますが、しばらく置いておいても食べない場合、
一旦食事は切り上げてください。

トイレへ連れて行く
ご飯の後にトイレをする猫ちゃんは多いです。
食事が済んだら、トイレへ連れて行ってあげましょう。
匂いも嗅がずに出てくる場合は、トイレに用事が無い時です。
しばらく時間をあけてから、再度連れて行ってあげてください。
匂いを嗅ぐけど出てきてしまう場合は、何度かトイレに入れてみて下さい。
それでもトイレをしない場合は、時間をあけて再度連れて行きます。
※床などを引っ掻いて、困ったように鳴いたりするのはトイレのサインです。
すばやくトイレへ連れて行ってあげましょう。

上手にトイレが出来た場合、大きな声を出して喜んだりせずに、優しく褒めて撫でであげましょう。
トイレ中に大きな物音や大声は絶対にやめましょう。
トイレを怖がるようになると、トイレにしつけは困難になります。
済んだトイレは、猫ちゃんがトイレを出たら直ぐに掃除してあげて下さい。

トイレを覚えるまでは、定期的にトイレへ連れて行きましょう。
特に寝起きや食事の後は、トイレをする場合が多いです。
2~3回成功していれば、大抵の猫ちゃんは、トイレの場所を覚えています。

一緒に遊ぶ
ご飯の後に猫ちゃんが遊び始めたら、一緒に遊んであげましょう。
寝てしまうようでしたら、そのまま寝かせてあげて下さい。
驚かさないように優しく声を掛けながら寝かしつけてあげましょう。

就寝時
迎えた子猫ちゃんが、トイレの場所を覚えて、自分からトイレに行くようになっていれば、猫ちゃんを自由にしたまま就寝しても問題はありません。
初日から一緒に寝てくれる猫ちゃんもいます。
危険な物等は予め片付けておいてあげて下さい。

ケージを使う場合
就寝時はケージに入れて置く場合、予めトイレとお水をセットしてから入れてあげてください。
寒くないように毛布などを敷いてあげましょう。
ケージをタオル等で覆ってあげると、安心してよく寝ます。

猫ちゃんを迎えて1週間くらいは、ケージを使った方が猫ちゃんも安心して眠れる場所になりますし、
トイレの失敗や、思わぬ事故も防げます。
ただし、夜寝かせる時も、昼間のお留守番もケージでは、猫ちゃんにストレスが溜まってしまいます。
一日中入れたままには、しないであげて下さいね。

環境を整える
一日猫ちゃんの遊び方などを観察して、コードをかじる子、かじらない子。
キッチンのタオルにじゃれる子、じゃれない子。
様々な予想していなかった場所に問題が生じると思います。
コードを保護したり、タオルの場所を変えたり、出来るだけ早めに対処して、新しい家族の子猫ちゃんは勿論、
ご家族の皆さんも快適に過ごせるように工夫しましょう。

机の下から出てこない
遊びに誘っても、キャリーケースから出てきてくれない。
やっと出てきても机の下にもぐって出てこない!
こういった場合、机の下に居ても問題なければ、しばらく放っておいてあげてもよいでしょう。
時々覗いて、遊びに誘ってみてください。
強引に机の下から出しても、また直ぐ別の場所へ隠れてしまいます。
食事の時間になっても、出てきてくれない場合、一旦出して、食事を与えてみてください。
キャリーケースから出てきてくれない場合、1時間待っても2時間待っても、きっと出てきてはくれないと思います。
そういう場合は仕方がないので、出してしまいましょう。
机の下等に隠れて、出てきてくれない猫ちゃんは、怖いだけですので、恐怖心が薄れれば、出てくるようになります。
このような臆病な猫ちゃんには、時間を掛けて優しく接してあげて下さい。
優しく少しずつ恐怖心をほぐしてあげれば、ずっと怖がっている事はないですので、安心してください。

出産情報はSNSで


Follow Me


インスタグラム更新情報

↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system