h1自家繁殖で健康で人慣れした子猫を育て、販売しております。

猫ちゃんとの接し方


猫は本来単独で自由気ままに暮らす動物です。
一見群れに見える集まりも、それなりの距離があり、暗黙の了解があります。
猫ちゃんと上手に暮らす為にも猫ちゃんを理解しましょう。

構いすぎない
猫ちゃんが何かの遊びに夢中になっている時に、中断させて強引に抱き上げても
残念ながら、猫ちゃんは喜んではくれません。
猫ちゃんの性格にもよりますが、構いすぎで喜ぶ猫ちゃんは少ないです。
たとえば、読書等に熱中している時に、しつこく構われても鬱陶しく感じる事があるのではないでしょうか?
猫ちゃんも同じです。空気を読んで、上手に付き合いましょう。

おやつは名前を呼んで、撫でてから
やはり、最初に心を開いてくれるのは御飯やおやつです。
おいしい御飯をくれる良い人になりましょう。
名前を呼んで撫でであげてからオヤツを与えると、名前を覚えるのも早いです(笑)
名前を呼ばれたり、撫でて貰ったりするのが好きな猫ちゃんになりやすいです。

お風呂は信頼関係が出来てから
大体の猫ちゃんは、お風呂が嫌いです。
我が家では毎月一回の行事ですが、殺される~~~!くらいの勢いで暴れる子も居ます。
猫ちゃんにとって、お風呂は恐怖であり、飼い主さんと仲良くなる前にお風呂に入れられてしまうと
仲良くなるのが遅くなってしまうかもしれません。

一緒に遊ぶ
猫ちゃんと遊びを通じて仲良くなりましょう
猫ちゃんは、遊ぶのが大好きです。
猫じゃらし等を使って、楽しく遊んであげて下さい。
手や足を使って遊ぶのは控えてください
猫ちゃんが小さくて可愛い間は問題ないかもしれませんが、
大きくなってからも、猫ちゃんは遊びのつもりで
手に噛みついてきたりするようになってしまうと、
思わぬ怪我に繋がりますし、痛いです!
小さな頃から、手や足を使って遊ぶ習慣をつけないように
気をつけてください
遊びを始める前も、名前を呼んでから始めましょう。
猫ちゃんが眠い時は避けて、元気な時にしましょう。

玩具を置いておく
猫ちゃんは、狩りの練習遊びをします。
狩りの練習をする為の玩具が必要です。
ぬいぐるみでも、丸めた靴下でも、ボールでも何でも構いませんので、
色々与えてみて、猫ちゃんが気に入った物を転がしておいてあげてください。
何にも遊ぶ物が無く、狩りの練習をする対象が無い場合、猫ちゃんの狩り遊びの対象は
飼い主さんの手や足になってしまう事があります。
子猫のうちは可愛いです。
しかし、しっかり歯が生えてきて、爪も硬くなって大きくなってきた時に突然注意しても
治らない場合が多く、生傷が絶えないなんて事にも・・・
お菓子の袋の切れ端でも、何かの紐でも、猫ちゃんには何でも素敵な玩具です。
我が家では、一通り遊ばせてから捨てています。

根気良く教える
猫ちゃんでも、ある程度のしつけは可能です。
しかし、覚えてもらうのが難しいしつけもあります。
例えば、食卓の上に乗らないようにするのは至難の業といえるでしょう。
猫は、元々高い所に登るのが好きな動物です。
根気良く何度も下ろしていれば、その時は諦めてくれるでしょう。
しかし、時間がたてば、また食卓の上で寝ていたりします。
どうすればいいでしょうか?→可能であれば、諦めてください。
何度も何度も根気良く下ろしていれば、いつかは上がらなくなるかもしれません。
しかし、人間の食事を食べてしまう等の事故にも繋がりますので、
食事中はケージに入れたり、別のお部屋へ行っていて貰う等の対処が必要になります。
因みに、我が家のルールは食事の用意を始めたら上がらせないようにしています。
何度も何度も下ろしていると、下ろされたら何度上っても暫くは駄目なのだと覚えてくれたようです。
上っても猫に危険が無い場合は、自由に上がらせています。(諦めました^^;)

絶対に叩かない
猫ちゃんに思い切り引っ掻かれたとしても、絶対に猫ちゃんに暴力を振ってはいけません。
猫ちゃんが恐怖心から引っ掻いた場合、更に恐怖心は増し、よけいに引っ掻くようになってしまいます。
近寄るだけで噛み付いたり、引っ掻いたりする猫ちゃんになってしまうと
改善はとても時間がかかり、難しいです。
もしも故意に引っ掻いたり、噛み付いたりした場合は「痛い、駄目」等、
少し強い口調の短い言葉で伝え、その後は遊んだりオヤツをあげたりせずに
しばらく無視して下さい。
猫同士のじゃれ合いの中でも、痛かった場合は少し大きな声で「ニャー!」と鳴き、
相手に痛い事を伝えます。
その後はしばらく一緒に遊んでいません。
こうした経験で、これをすると嫌われるのだと学習していくのです。
だからといって、猫を真似て首元に噛みついて教えよう、等とは思わないで下さい。
飼い主さんは人間であり、猫ちゃんから見たらとても大きく、力持ちです。
その飼い主さんに噛まれたら、猫ちゃんが怖がってしまうかもしれません。

猫に合わせる
いくら懐いていたとしても、気が向かなければ何度呼んでも返事さえしてくれない。
それが猫と言うものです。
呼んでもお返事さえせずに、振り向きもしない時は気が向かない時です。
強引に抱きかかえても逃げていってしまう場合が多いですし、
遊びに誘っても多少反応してくれるだけだったりします。
気が向いてるときは、「にゃ~♪」と喜んでお返事してくれたり、駆け寄ってきたりします。
その気ままな所こそ、猫の最大の魅力ともいえると思います。
一緒に寝たい、抱っこしながらテレビが見たい等。。。
様々な猫ライフの願望がある物だと思いますが、抱っこが好きではない猫ちゃんが意外に多く、
ソファーで飼い主さんの横に座るのが好きだったり、足元が好きだったり
猫ちゃんの性格や機嫌によって様々です。
無理やりベッドに潜り込ませても、気が向かなければ出て行ってしまいますし、
無理強いせず、おおらかな気持ちで猫ちゃんの気分に合わせるのが仲良くなる秘訣です。

しっぽのサインを覚える
動画準備中です。

眠い時を狙う
元気に遊び回っている時に、ブラッシングや爪きり等を大人しくさせてくれる猫ちゃんは少ないです。
眠くてゴロゴロしている時や、甘えたくて擦り寄ってきたときがチャンスです。
優しく声をかけて撫でながら、手足や尻尾などを触るようにしましょう。
嫌がらなくなれば、爪きりやブラッシングも楽々になります。
触られる事になれてきたら、爪きりにチャレンジしてみましょう。
一度に全部切ってしまいたい気持ちは分かりますが、猫ちゃんが途中で嫌がった場合は、
無理やり押さえつけたりせずに、次のチャンスを待ちましょう。
1~2本切れたら良いと気持ちに余裕を持ってやってあげて下さい。
どうしても爪切りを嫌がって暴れる場合は、飼い主さんが押さえつけてやるよりも
動物病院等でやってもらったほうが良いでしょう。

猫なで声をマスターする
猫ちゃんは猫なで声で話しかけると喜びます。
猫なで声と言うくらいですから、非常に正しい使い方だと思います。
恥ずかしがらずに、思い切り猫なで声で話しかけて、甘えさせてあげちゃってください♪

出産情報はSNSで


Follow Me


インスタグラム更新情報

↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system